法園寺 ・ ほうおんじ (浄土宗)
■所在地:尼崎市寺町5/阪神「尼崎」南西約400m
 開基は天文年間(1532〜55)、勝誉恵光法園上人と伝えられ、宝永年間(1704〜11)に寺町に移転しました。当寺には佐々成政の墓碑があります。成政は織田信長に仕え、猛将として名を馳せ、その功により越中守に任じられます。
 本能寺の変後は、織田信雄(信長の次子)を奉じ天正12年(1584)小牧長久手戦に参戦しますが敗れ、のち豊臣秀吉に属することになります。肥後守在任中、領地内で反乱がおこり、その責により幽閉され、天正16年(1588)閏5月14日に切腹を命じられます。恨みの秀吉のいる大阪城の方向に自らの臓腑を投げつけたと伝えられています。
 寺宝として、後陽成天皇(1571〜1617)直筆の和歌一首「なき人のかたみの雲やしぐるらん 夕の雨に途はみえねと」の掛軸や成政肖像画などがあります。特に山門の内に桐、外には菊の紋があり、由緒ある寺院を偲ばせています。(尼崎市教育委員会)
◎法園寺には「佐々成政」の墓碑があります。成政は豊臣秀吉のもとで肥後国主在任中、領地内で反乱がおこり、その責により天正16年(1588)尼崎で切腹させられました。
 山門を入って左側の墓碑は複製で、実物は本堂内に保管されています。(資料:尼崎市)
ページのTOPへ戻る